通信販売の方法
店舗案内
アルフィン携帯08079670233
ALPHIN&SHIFTUP   NSF100-PROJECT特設ページ



2016年度のNSFプロジェクトに関してはブログに記載していきます。※2016年末にまとめます
2/10 準備
2/14 準備2
2/22 2016最初の走行

2/24 マシン仕様など 
4/11 茂原モトブレイク走行
4/12 エンジンが壊れた理由
5/8 マシン小変更いろいろ
5/15 DS弐輪道CUP3時間耐久参戦
5/17 2016年SHIFTUP号の仕様
5/19 トミンA走行

【2015年度NSFプロジェクト】

当店はご存じのとおり2ストミニバイク系に強いんですが、大手パーツメーカーの
SHIFTUPさんからず〜っと
「森さん2ストだけじゃなく4ストもやらなあかんですよ〜w」と言われてました。
でもNSR80 OPEN仕様とNSRmini2台の維持で手いっぱいで、予算的にも4ミニは難しい・・・と、思っていたら
「いろいろ直す所が有りますけど、デモ車のNSF125貸し出せますよ〜」
とSHIFTUPさんからお言葉を頂きました。
2014年冬に前に貸し出していたショップから車両を引き上げ、そのままアルフィンに持ってきて貰ったのが今回のマシンです。
目標は以前から興味が有った、筑波サーキット2000で行われる
『耐久茶屋ミニバイク5時間耐久レース』に出場する事かな?

しかし・・・届いたマシンはそのまま走行できる状態では有りませんでした。
前ショップでいろいろ有ったらしく、いろんなパーツが無くなっていた状態・・・(^^;
エンジンは125のミニモト仕様ですが、ちょっと弄りすぎて調子良くないらしく、そのまま動かせる状態では無いとの事。
また筑波の耐久レースには125ccは出れないので、100ccに排気量ダウンさせる必要が有ります。
これがまた大変でした。
クランクケースが50ccを改造して125ccにして有ったので、100cc化は無理らしい。
どうしようか困っていたら
.destecのデカチョーさんがAPE100のクランクケースを譲ってくれるとの申し出が!有難うございます( ̄▽ ̄)

もう一つコンセプトとして『リーズナブルに楽しむ』という事が有ります。
4ミニエンジンチューンの定番と言える高級パーツ類は使わず、比較的安い価格設定になっているSHIFTUPのKITのチューニングで出場します。
これでどこまでいけるかが大事なんですよね〜
どう考えてもお金が掛かりすぎる現在の4ミニOPENクラスですが、ある程度は安くできると証明しないとどんどん人が減っていってしまいますから。
もちろんSHIFTUPのマシンなんでSHIFTUPのパーツで行かなきゃ意味ないんですけど(笑)
※ただし下の計算を見るとわかりますが、それでも2ストよりは大分お金が掛かります・・・。
また、パーツは頂いたり、借りた物が結構有ります。
これも自分のマシンじゃないので、どこまでお金を掛けていい物やら微妙で・・・・(^^;
本当にいろいろな方のご協力で走らせてもらえてます!

とりあえずエンジン腰上を自分でばらしてみたのですが、やはり組む時には4ミニ専門の知識と経験が無いと壊すというし、正直お金も時間も有りません。
ここは昔から付き合いのある4ミニチューナー
『あかおぎMCPS店長ヒロキさん』に腰下OHと腰上チューニングをお願いする事に。
※預けている最中に、常総の大水害が有り、あかおぎさんも水没!しばらく連絡が取れなかったのでエンジンも水に浸かって終わっただろう・・・と思っていたら奇跡的に机の上に載せていて水没を免れたというエピソードも有りました。
そんな事も有り、エンジンが出来上がってきたのは申込締切ギリギリの状態でしたが、なんとかエンジン完成しました( ̄▽ ̄)

初の茶耐参戦となる2015年のライダーはと、今年も筑波選手権TC-miniに出場しており4ミニにも慣れているピラーニャベンちゃん。
そして初4ミニ耐久という事で知り合いの4ミニエキスパートライダー2人に出場を打診しました。
2014/2015もてぎ北ショート選手権NSFトロフィーシリーズチャンピオン富田一二三選手2014年リンクスST100シリーズチャンピオン小松田誠選手のお二人です。
超強力な助っ人だ〜・・・足引っ張らない様にしないと(^^;



あかおぎさんからエンジンを引き取り、富田選手に手伝ってもらいエンジンを積む。
しかし所々有りないパーツが有りますね・・・。
SHIFTUPで用意出来るもの以外はアルフィン号NSRから流用したり、CDIや小物は富田選手のパーツを借りました。
キャブはPWK28+リストリクターマニホールド(口径調整)が装着されていましたが、茶耐ではリストリクターによる口径調整は認められていません。
(鈴鹿ミニモトではOKだった)
PE22は有ったのですが、パワー的に不利な為に富田さんと同じチームの
GPSガレージaz櫻井様からCR-miniを借りる事にしました。


エンジンを積んだ1週間後にトミンミニフェスで30分のナラシを終えて、10/23茶耐の第一回目の練習会に臨む。
最初は筑波に慣れているTC-mini現役ライダーピラーニャベンちゃんに乗ってもらう。
数周で戻ってきて17-33のファイナルがロングすぎるという事で交換。
とりあえずフロントを1Tショートにして出て行ったベンちゃんが再度戻ってきて「ダメだ!まだロングすぎてストレートで6速入らない!」と言います。
どうも入っているネクトのSUZUKAスペシャルクロスミッションは通常と大分ファイナルが変わるみたいですね。
とりあえず走行時間が勿体無いのでファイナル変更はせずに僕に交代。
僕は筑波サーキット走行は2000年のBS走行会でYZF-R6の慣らしをやった以来です。
15年ぶりの筑波2000でしたが、意外と違和感なし!感覚は覚えているもんですね〜( ̄▽ ̄)
しかしペースを上げようとした10周目、1コーナーで『パチン!』と音がしてスロットルワイヤーが切れてしまい、そのまま走行終了(T_T)
残念でしたが、次回へ向けての課題もたくさん見つかりました。

練習会の合間にはマフラーを煩いと聞いていたSHIFTUPのフルチタンレーシングマフラーに変更。
トミンで音量チェックをしたらギリギリOKだったので、これで行く事に。
借りていた某マフラーはフレームやサスペンションに近すぎて、あまり具合が良くなかったのでSHIFTUPのが使えて良かったです
(SHIFTUPのマシンですし)

1か月後の11/11 第二回目の練習会には今回の耐久メンバー4名が勢揃い。
みんな少しずつ乗りましたが、練習時の到達目標タイムはクリアー。
マフラーを交換したからかストレートも前回より走っていたし、ファイナルも大体良い所が見つかった感じです。
エンジンは耐久性を重視したファインチューン仕様なので突出したタイムを出すのは難しいでしょうが、全員が有る程度のタイムで周回できるのは強みでしょうか。

さて、初の4ミニ耐久はどうなるでしょうか?


【11/28前日練習】
茶耐前日の公式練習は1時間のみ。
ライダー4人で走ると一人15分弱。
つまり一人7周程度ですね。
マシンの様子見で終了。
前回よりファイナルをリア1Tショートにしてみたが今一合ってない?
ベンちゃん、S選手の希望で明日はさらにリアをショートにしてみる事に。

午前で走行を終えて、まず受付。
スターティンググリッドのくじ引きはチーム代表である自分が責任を持って引く事に。
くじを引く前に「なんか30番台を引きそうな気がする・・・」と皆に宣言した通りに37番を引き当てる。
つまり第二グループですね・・・(T_T)
知り合いの有力チームは軒並み第一グループみたいです。
さらにハンデが広がる(^^;

失意の中、車検に向かいます。
必要な個所はワイヤーロックをしていきましたが、あっさり車検通過。
それほど気負う必要も無かったかな?

その後はライダースミーティングに出て、早々に帰宅、明日の本番に備える事に。


【11/29茶耐本番】
朝6時頃筑波着。
すでにチームの皆は来ていました。
給油やその他の役割分担をその場で決めますが、勝手知ったる仲間なので連携は心配無いでしょう( ̄▽ ̄)
懸念は急用の為に中座しなければならなくなったえぐっちゃんが第一回目の給油までに帰ってこれるかどうかかな?

朝の公式練習は30分間有るがスタート練習、フルコースコーションの練習も兼ねているので全員が乗る時間が無い。
スタートライダーの123選手とSどらえもん選手のみに乗ってもらう。
問題だったファイナルはとりあえずそのまま決勝に臨む事に。

11:00にルマン式でレーススタート!
第一グループでエンジンが掛からないマシンがいて、第二グループのスタートが少しディレイ・・・( ̄〜 ̄)
123選手もスーパークロスミッションのスタートに手間取り、少し出遅れた。
なかなか厳しい展開。
フル満タンの燃料とマシンのセッティングが外れていたのだろう、厳しいストレートスピードでなかなか123選手のペースが上がらない。
コーナーで詰めても、ストレートで抜き返される事の繰り返しだ。
まあ〜コンセプト的にマシンのストレートはある程度なのは承知してるんですが、練習時よりも走ってないな〜(^^;
※後日ロガー上で確認したら練習時より平均約8km/hぐらいトップスピードが落ちていました

1時間経過時に順位は13位まで上がってきた。
第二ライダーは自分です。
今回は給油が無く、タイヤもまだ良い状態なので自分がタイム出して追い上げないと!と気合入ります。
昔のホームコースの筑波サーキットですしね。

コースインして、なるほど練習時よりもパワーが無いな〜・・・ストレートのスピードも伸びてない。
ファイナルも自分にはショートすぎて所々吹け切ってしまう感じ。
こういう時は突っ込み重視でいく方が経験上タイムが落ちないと思っているのでブレーキングを目いっぱい遅らせてみた(正解かは?)
途中、SP250時代のライバルで元全日本ライダーKIWAちゃんとのバトルを楽しみながら走る(笑)


気が付いてみればリーダーボードやサインボードにP5の表示!
入賞圏内に入ってます( ̄▽ ̄)
さらに気合が入りタイムもチーム内BEST15秒2までは出せたけど、今日のマシンの状態だと入れられても14秒台後半が限界かな?
1時間30分ほど走行してピットサインが出て、ピットイン。
給油して第三ライダーのSどらえもん選手に交代しました。
とにかく転ばないで壊さないで良かった・・・・。

Sドラえもん選手も4位のマシンにだんだん近づいてきた。
これは???と思っていたら赤旗が掲示されました。
どうやらオイルを大量巻いた車両がおり、オイルを踏んで多重クラッシュが起きたようです。
当然フルコースコーション(SC)になり、レースはスローペースに。
このSC状態が約30分ぐらい続く。
Sドラえもん選手にさらに追い上げて貰おうと考えていたのだけど、なかなか厳しい状態・・・(^^;
長かったSCも終わり、直前にいた4位のマシンを抜き去りとうとう4位に浮上!
ここまでこれたのが奇跡!( ̄▽ ̄)

後は残り一時間、最終ライダーベンちゃんの番だ!

ピットインしてガソリンを少量給油。
ベンちゃんが出ていく。
しかし出て行く時にリアタイヤみたら全然溝が無くなっててラウンド形状も変わってたよな〜・・・・あれじゃ厳しいのは目に見えてました^^;


とにかく天性のバランス感覚を生かして転ばないで最後まで走り切ってくれ〜!と祈るしかない。
さすがのベンちゃんも練習時より2秒程度ペースは落としている様で、順位は下がっちゃいました。
4時間以上走り続けたエンジンも大分タレてるしもう仕方ないですね〜。
とにかく表彰台に上がれる6位までを死守してくれたら上出来です。
早くチェッカー振ってくれー!

そして5時間が経ち、チェッカーが振られる。
そのまま後続から逃げ切り6位をキープして入賞する事が出来ました!
初参戦でこのパッケージでの入賞は快挙でしょう〜( ̄▽ ̄)
ライダーとピットクルー一丸で頑張った結果だと思います。



今年の目標だった完走&入賞は果たせたので、来年はもう少しパワーを上げてさらに上の順位を狙っていきたいですね〜。


他のチームの写真もアルフィンカメラマン飛鳥が撮影しているのでご覧ください。


ALPHIN&SHIFTUP NSF100-OPEN仕様  【2016年の仕様】
※以下の価格はメーカー希望小売価格(税抜)です
 ※記載が無い部分は純正


●エンジン腰上 ☆SHIFTUPスパルタンフルチューンキット 品番202100 64000円 
AP-eEX μハイカムシャフト(WPC加工、特殊ポリッシュ表面加工)/スパルタンシリンダーヘッド/53pmm鍛造削り出しピストンキット/メッキシリンダー
※上記キットをMCPSあかおぎ店長ひろきさんにチューニング依頼  工賃は・・・時価?(笑) 
●ヘッドカバー ☆SHIFTUPテスタロッサオイルシャワービレッドヘッドカバー 品番201001-20 25000円
●ステーターコイルベース ☆SHIFTUPスタビライズドステーターコイルベース 品番201512 16000円
●フライホイール ☆SHIFTUPハイブリッド軽量フライホイール ※生産終了 参考価格21000円
●オイルポンプ☆SHIFTUPハイフローオイルポンプ 品番201070 4500円
●マフラー ☆SHIFTUP NSF100オールチタンレーシングマフラー 品番205125 60000円
●オイルキャッチタンク ☆SHIFTUPビレッドオイルキャッチタンクキット右側用  品番201550-01  18000円
●オイルクーラー ☆SHIFTUPオイルクーラーキット13段 品番413131 51000円
●CDI ☆POSH スーパーバトルCDI黒 品番615460 14800円 
●イグニッションコイル ☆POSH レーシングIGコイル 品番200010 3800円

●オイルフィラーキャップ ☆SHIFTUPブリーザ―オイルフィラーキャップ(レベルゲージ付) 品番201024-01 2500円
●キックペダル ☆SHIFTUPスティールメッキキックアーム 品番201128  4500円
●プラグ ☆NGK CR8HIX
●キャブレター/マニホールド☆SHIFTUP PE22ハイスロットルキャブレターキット品番209222-63 27000円※ハイスロ/キャブ/マニホールド/ケーブル
※茶耐時にはCR-miniを使用

●油温計 ☆POSH水温計 販売終了
●タコメーター ☆DAYTONA アクアプローバEZ 品番D72814 8800円
●ミッション ☆NECTO 鈴鹿スペシャルスーパークロスミッション(らしい・・・) 95000円
□腰下はミッション以外基本純正パーツ使用
SHIFTUPデモ車の為にいろいろ装着されていますが、実際にエンジンチューンに必須なのはスパルタンキット/オイルポンプにオイルクーラー、マフラー、キャブレター、CDI等でしょうか。その他は必要に応じてレギュレーションに対応する程度で良いと思います。

●トップブリッジ ☆SHIFTUPビレットトップブリッジ 品番202080-03 10000円
●ハンドル ☆SHIFTUPアルミセパレートハンドル 品番201060-03 18000円
●バーエンド ☆SHIFTUPビッグアルミグリップエンド 品番400175-02 2200円
●イニシャルアジャスター ☆SHIFTUPシフトロードアジャスター 品番201065-01 5000円
●ブレーキマスター ☆NISSIN14mmマスターシリンダーキット 13000円
●フロントブレーキキャリパー ☆SHIFTUP 4Podsビレットキャリパー 品番200252-21 38000円
●フロントキャリパーサポート ☆SHIFTUP 4podsキャリパーサポート 品番210055-11 7000円
●フロントブレーキパッド ☆DAYTONAゴールデンパッド前期NSR50用 品番D68252 3480円※アルフィン通常価格
●フロントブレーキホース ☆EARL'Sブレーキホースキット 品番551098-F 9000円
●フロントブレーキディスク ☆ SHIFTUP&AFAMハイパフォーマンスディスクローター220mm 品番901050-04  28500円
●リアブレーキキャリパー ☆SHIFTUP200050-00 28000円
●リアキャリパーサポート ☆201087-03 9200円
●リアブレーキディスク ☆SHIFTUPウェーブディスクローター160mm 品番201065 6000円
●ブレーキホース ☆EARL'Sブレーキホースキット 9000円
●ステップ ☆SHIFTUPレーシングバックステップ 品番202601  38000円
●リアサスペンション ☆WP 4014FUSION ※生産終了

●アッパーカウル ☆SHIFTUP NSF100 GPラインフロントハーフカウル 品番210250-WG 20000円 ※鈴鹿ミニモト用にライト穴あけ加工
●スクリーン ☆アルマックスエアロスクリーン 品番210251  10000円 
●アンダーカウル ☆SHIFTUP NSF100 GPラインアンダーカウル 品番210255-WG 13000円
●シートカウル ☆SHIFTUP NSF100 GPラインロングシートカウル 品番210350-WG 20000円
●リアフェンダー ☆SHIFTUP NSF100 RCVラインリアフェンダー 品番210550-WG 11000円
●タンク ☆HISAアルミタンク(TZキャップ)85000円


●チェーン ☆EK420SH(GP.GP108L 3980円※アルフィン価格
●チェーンガード ☆MIDLINEアルミチェーンガードプレート 2980円※アルフィン価格
●アクスルスライダー ☆SHIFTUPアクスルスライダー 品番210085-02 2500円
●ホイールベアリング ☆SHIFTUP高速ホイールベアリングFR 品番210150-FR 3500円※6本スポーク用
●オイル ☆エルフHTX3835 4580円※アルフィン通常価格

外にも細かいパーツなど変更有りますが、これだけ有ればほぼ同じ仕様に出来ます!
ご協力各社(敬称略)
シフトアップ株式会社
グリップ商事株式会社
ワイケイ商事株式会社
江沼チエン株式会社
株式会社ポッシュ
MIDLINE様
.destec 笹賀様
MCPSあかおぎ様
GPS ガレージaz 櫻井様、富田様
トミンモーターランド様


ご質問、ご注文ならパーツショップ アルフィンのページに