NSR50トップブリッジ アルフィン2ストミニパーツ通販コーナー 

 通信販売の方法
アルフィン店舗案内
 アルフィン携帯08079670233
ミッドライン NSR/NS50/NSF100アルミトップブリッジ   パーツショップアルフィン  バイクパーツ通信販売
 
フォークの突き出し量って大事なのはご存知だと思いますが、純正はすぐに歪みます。
元から精度が××なのかも知れませんが???
しばらく使ってませんでしたが、自分の持っていた純正トップブリッヂを念のため計ってみたら左右でコンマ5mm狂ってました(^ ^;
左右で0.5mm違うって大きいですね。
コーナーで安定しないし、フォークは歪むし、シールだって痛みやすいです。
アルミトップブリッジに変更するのは格好、剛性UPの他に、正常な足回りを得るのに必要な事だと言えますね。
足回りで不安がある方は是非変更してみましょう!

※参考 ガル=ガルウイングとはもともと飛行機の用語。カモメ(ガル)の飛翔時の翼をイメージして命名したらしいです。
ガルウイングスイングアームがバイク界で使われ始めたきっかけかな?


MIDLINE NSRmini/後期NSR50/後期NSR80/NSF100アルミガルタイプトップブリッジ 22500円(税別)送料無料
NSRminiとNSF100は全年式対応です。NSR50/80は後期フロント周り対応です。

※突き出しは純正から2mm多くしてください。ALPHIN号の場合5mmです。
取付けはボルトオンで可能。
 

アルミ無垢削り出しの採算度外視パーツです

TYPE1よりさらにガルの角度を付けました
オプションのキーボックスステーにより街乗りにも
対応します
別売り2500円(税別)

 キーボックスステーにキーシリンダーを取り付ければ
  ハンドルロックも可能です

 サーキットでも剛性重視の場合は取付けておくのも良し。
アルフィン号ではLAP-SHOTの取り付けベースに使用

 キーボックスステー装着写真

 MIDLINE 前期型(〜'94)NSR50/NSR80用アルミガルタイプトップブリッジ22500円(税別)送料無料 
ご要望の多かった前期用NSR50/NSR80専用のガルウイングタイプトップブリッジです。
純正トップブリッジの剛性は評判通り悪く(鉄板ですから・・・・)変更するだけでフロント周りの剛性が大幅にUPします。
もちろん格好が良くなるのは見ての通りです。
これだけであなたの前期NSRが見違えるほど格好よくなりますよ!

また
NSR50/80前期型の純正トップブリッジでは出来ないフロントフォークの突き出しが可能になります。
関連記事はコチラ

ちなみに社外品や純正のNSRmini/後期対応トップブリッジを無理やり前期NSRに付けている方が居ますが、車体姿勢が極端な前下がりになりまともに走れません。
前期のトップブリッジに後期対応品を付けるにはフロントフォーク交換か延長が必要です。他にもセンターネジ部の加工が必要になりますのでご注意を。
もちろんMID-LINEの前期用は
無加工で装着可能です。

また、この商品にはオプション(2500円税別)で取り外し可能なキーボックスステーを用意していますので、
サーキットだけでなく街乗りも兼ねているバイクにも対応しています。
※もちろんサーキットだけ走る方には必要有りません。

セット内容  装着用スレッドナットも付属しています

   
※写真はキーボックスステーを装着しています
ハンドル取り付けボルト穴無しタイプも出来ました。
ハンドルを社外品やNSRmini/後期タイプに取り替える場合におススメです!

MIDLINE 前期型(〜'94)NSR用アルミガルタイプトップブリッジ穴無しタイプ
22500円(税別)送料無料

 MIDLINE NS50R/NS50F用アルミガルタイプトップブリッジ22500円(税別)送料無料
NS50R/NS50Fの純正トップブリッジから変更するだけで見た目がかなり格好良くなります。
もちろん格好だけでは無く、桶川スポーツランドにてエキスパートライダーによる試走を繰り返して開発されました。
純正のトップブリッジは強度が足りないので、コーナーでフロントがヨレ過ぎますね。
このトップブリッジは強度も充分で、ガルウィングタイプにする事により、トップブリッジ下にフロントフォークを強固に固定出来ます。
試走でも明らかに操安性が上がったと絶賛でした。
交換は簡単で約5分ぐらいで出来ます。
アキガセや桶川スポーツランドでのレースレギュレーションにも対応確認済みです

またNS50純正トップブリッジでは出来ないフロントフォークの突き出しが可能になります。
関連記事はコチラ

セット内容 スレッドナットも付属しています
   

 MIDLINE NS-1用アルミガルタイプトップブリッジ22500円(税別)送料無料
ご要望の多かったNS-1専用のガルウイングタイプトップブリッジがいよいよ発売です。。
変更するだけでフロント周りの剛性が大幅にUPします。

また、この商品にはオプション(2500円税別)で取り外し可能なキーボックスステーを用意していますので、
サーキットだけでなく街乗りも兼ねているバイクにも対応しています。
※もちろんサーキットだけ走る方には必要有りません。

またNS-1純正トップブリッジでは出来ないフロントフォークの突き出しが可能になります。
関連記事はコチラ

セット内容 装着用スレッドナットも付属しています


 NS用トップブリッジ交換手順
※前期型NSR50やNS−1もほぼ同様の交換方法です


純正状態
ハンドルを止めている上部ボルトとハンドル回り止めボルトを外します


トップブリッジを上に抜くとステムナットが有るのでそれを緩めます。
ステムナットを緩める特殊工具(リアサスのイニシャルを緩めるのと同じでOK)が無い場合には
マイナスドライバーを当ててハンマーで緩めます
するとこの様な状態になります。

純正のスレッドナットを外した場所に付属のスレッドナットを装着します。

上からガルウィングタイプのトップブリッジをはめます。
あとは最初と同じ様にトップブリッジのセンターナットとハンドルを取り付けて下さい。


NSRmini/後期NSR50/80の場合にはフォーク上部ボルト(イニシャルアジャスター)を外すとマシンが前傾しますので
フロントスタンドを併用しましょう。