NSR50/miniデーターページ

NSRミニ&NSR50のサーキット走行に役立つデーターを集めています
ライディング方法やセッティングはアルフィン森の考えに基づいて記載しています。
「これじゃなきゃ駄目!」と言うわけでは無いのでフレキシブルに対応してくださいね(^-^)
 
<ご注意!>
このページのデーターを参考にしてマシンへの不具合や事故などが起こった場合でも
当方では一切関知、責任はお取り出来ませんのでご了承の上ご覧下さい。

※もし間違いなど気づきましたらメールにてご連絡頂けると幸いです。エキパーからの指摘もお待ちしてますよ!
NSRminiデーターページ トップへ
キャブセッティング
エンジン
チャンバー
サスペンション
電気系
タイヤ
フレーム/カウルなど
【ミニバイクコース攻略】 
全般/ライディングテクニック
イワイサーキット攻略
トミンサーキットAコース攻略
トミンサーキットBコース攻略
NSRmini/50主要データー
排気量 49cc
最高出力7.2PS
燃料タンク容量 7.5L
キャブレター形式 PF70M
タイヤサイズ
F100/90-12 R120/80-12

☆パーツショップアルフィン
ホームページへ


☆アルフィン店長ブログ
トミンサーキットBコース紹介
※NSR50(MINI) SP12仕様での攻略です

2015年1月改訂
トミンサーキットBコースはミニバイク、ポケバイ専用コースです(排気量は2スト85cc以下、4スト150cc以下)
Bコースには旧Bコースと新Bコースのレイアウトが有りますが、ほぼ旧Bコースでの走行ばかりなので旧コースを通常のBコースと呼んでいます。

2014年からトミンミニバイクフェスタ開催してます!詳しくはこちらを


トミンサーキットBコース
コース改修を繰り返して非常に走り易くなりました。
2015年1月時点のコースレコードは以下です。
SP12 26秒45
SP50 27秒3 
2ストOPEN80 26秒2
4ストOPEN125 26秒9

最近は攻略法が浸透している為も有り全体のラップタイムが向上しています。
トミンでは2014年からトミンミニバイクフェスタ等のイベントではタイム別にクラス分けを行う事になりました。
30秒0以上=チャレンジクラス
29秒0〜29秒9=フレッシュマンクラス
27秒6〜28秒9=ビギナークラス
〜27秒5=エキスパートクラス
になります。

初心者ライダーの初回走行タイムは32秒〜34秒近辺が多いみたいです。
まず30秒を切ることが目標ですね。

しかし
上記のクラス分けはトミンBコース独自の物です。
トミンBコースで該当タイムが出たからと言って、例えばリンクスさん主催のTC1000モトピクニックや桶川スポーツランドの関東ロードミニでいきなり同じクラスに出ると手痛い目に合いますよ!
客観的に見てリンクス、桶川のレースだと下記トミンBのラップタイムが大体該当すると考えます(SP12仕様NSRmini/NSR50で)
厳しく感じるかも知れませんが、本当はもっと厳しいと思いますよ。
28秒6以上=チャレンジ、トライアウト、F43クラス
28秒0〜28秒5=フレッシュマンクラス
27秒5〜27秒9=ビギナークラス
〜27秒4=エキスパートクラス


初心者の場合ファイナルはSP12仕様のNSR50だと14-43、または13-40ぐらいから始めましょう(NS50 は1Tショート)
タイムが上がってきたら徐々にロングにします。
13-38/14-41を乗りこなせれば27秒台には入っていると思います。
※NSR80の場合はファイナルは15−41か42ぐらい?

黒いラインがBコースです。




基本的にイエローラインを走っている時にはアクセル全開です(1コーナーを除く)
丸数字はギアです。
基本的に3〜5速を使用。
記入してませんが最終コーナー手前で4速に入ります。
※模擬レース時はスタートシグナルの関係でスタート/ゴールラインが3コーナーと4コーナーの間のストレート上になります。
その場合は4コーナーが実の第1コーナーとなりますが、ややこしいので4コーナーのままで呼んでます。。

ストレートの最高速はSP12仕様NSRminiで約80km/h NSR80OPEN仕様で約90km/hになります。

1コーナー
縮図の為に倒しこみラインが極端に手前になってしまいましたが、実際は図のラインよりも1コーナーよりで倒しこみを始める事になります。
2コーナーまで無理の無いラインを通れるような倒しこみポイントを探してください。
1コーナー倒しこみ時にはアクセル全開のままでノーブレーキです。
アクセルを戻すのはバンクさせた後になります。
※2013追記 
一応アクセル全開で2コーナーまでいけるのですが、その分2コーナーからのブレーキを強めに掛ける事になってしまい、結果3コーナーでの車速が落ちてしまうので早めにアクセル戻すのとタイムがほぼ変わらないみたいです。
最近は無理しないでアクセルは1コーナークリップ前で戻して走ってます

2コーナー
クリッピング近辺でブレーキング開始とシフトダウンをします。
落とすのは1速。
3速まで落とすと速度が落ちすぎます。(80エンジンの場合は3速まで落としてました)

3コーナー
2箇所内側にゼブラゾーンが有る複合コーナーになっています。
ゼブラ1個目のクリップ付近を目標になるべく早くアクセルを開けます。
そのままアウトまではらんでいきますがフェンスに激突注意!
またコースインしてくる車両に注意してください。
もちろんコース内を走行している車両の方が優先です。
新たにコースに入る車両は1コーナーに入る車両が居たら3コーナーを立ち上がるまでコース内に入らない様にしましょう!

4コーナー
では信号機を過ぎたらブレーキング開始。
このコース一番のフルブレーキングポイントです。
なおかつ車速を落とし過ぎないようにブレーキを残しつつイン側にカットインします。ブレーキしながら倒していくんです。

5コーナは向きを変えるためにフロントブレーキを掛けます。
当てる程度の強さで。
5コーナー立ち上がりはハイサイドを起こしやすいので注意。
でもここから充分に加速して6コーナーまで行かないとタイムは出ません。

7コーナーは強めのブレーキをすると共に切り返さなければならないのでテクニックが要るコーナーです。
続く高速コーナー&ストレートの速度にもろに影響するので頑張りどころ。
あまりブレーキで無理してもアクセルを開けるポイントが遅くなってはタイムが伸びませんので難しいコーナーです。
しかも立ち上がっていくと逆バンクになっているのでグリップを失いやすいです。

最終コーナーは最短を通っても少し外を通ってもあまりタイムに影響は無いようです。





トミンサーキット新Bコース ※新Bコースはコース紹介となります。

DからGの連続S字区間が新Bコースの専用区間です。
旧Bコースの図と上下逆なので注意してください。

外周は旧Bコースと変わりません。
また画像の黄線はコースの方向を便宜的に示したもので、ベストラインでは無いので注意してください!

新コースのSP12コースレコードは23秒6です※2010年10月時点


@1コーナー進入


A2コーナー


B3コーナー進入


B3コーナー立ち上がりから4コーナーへ


C4コーナーから5コーナーへ


D5コーナー立ち上がりからS字へ


ES字進入


FS字区間


GS字立ち上がりからヘアピンまで


Hヘアピンコーナー進入


Iヘアピンをアウト側から

Jヘアピンコーナー立ち上がりから最終コーナーへ


K最終コーナー


新BコースはテクニカルなS字区間が面白いですよ。



テクニックを磨きたいなら迷わずAコースよりもBコースです!
土日でも空いているしミニバイク専用コースなので安全ですよ(休日のAコースはまさに異種格闘技戦)
しかもAコースより走行料金も安いですしね。


他、わからない事など有りましたら遠慮なくメールしてくださいね(^ー゚)☆


☆トミンサーキットの事について詳しく研究されている元ヤマハ開発ライダーYOHNSさんのTZR125サーキットライディングのページ
☆トミンサーキットのホームページ



パーツショップ アルフィン ページに